リトミシュル(Litomyšl)世界文化遺産

旧市庁舎の塔 旧市庁舎の塔から見える聖ニコラーシュ教会 旧市庁舎の天文時計 旧市庁舎の塔 旧市庁舎の塔 旧市庁舎の塔

   東ボヘミア地方にある町です。この町には10世紀に建てられたお城があり、1775年の大火災の後、ルネサンス様式に建て替えられると同時に、二つの美しい庭園が造られました。城内には、歴史的遺産、名画、陶器、シャンデリアなどが展示されています。この町で、チェコを代表する有名な作曲家であるスメタナが生まれました。ここでは、スメタナの生家を見学することもできます。六月二十日から三十日にかけて、リトミシュルで「スメタナのリトミシュル」と言う音楽祭が行われます。お城と庭園は、1999年に世界文化遺産に登録されました。


宮殿の見学コース:宮殿の部屋とユニークな宮殿の劇場の見学
所要時間:約50分
1グループの参加者数は最大40人まで
グループの予約が必要


4、10月: 土、日、平日:10:00 – 16:00
5、9月:水、木、金:10:00 – 16:00
5、9月: 土、日、平日:10:00 – 17:00
6、7、 8月:水、木、金、土、日:9:00 – 17:00
月曜日

大人:120コルナ(外国語:240コルナ)
子供:70コルナ(外国語:140コルナ)

0,5 km、有料 2 km




リトミシュル町にある修道院の庭の景色


リンク

海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 チェコの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告