チェコ共和国の情報

ナヴィゲーション

サーチ

カゴと支払う


合計 0,- コルナ
(日本円
0,-
   

関係リンク


プラハの時間



My skype status: My status





   チェコの名物は音楽と民芸品と言われていて、ガラス、ガーネット、モルダヴァイト、ビール、がいいお土産になります。

クリスタル・ガラス


チェコのクリスタル・ガラスには古からの伝統があり、世界的に有名になりました。チェコの地方で2000年前にケルト人が作たのが最初といわれていますが、現代のクリスタル・ガラスの製造は13世紀に始まり、ガラスのデザイン、材料、作り方、飾りかたは色々な影響を受けて段々変わりました。
カット・ガラスの製造は15世紀に始り、16-17世紀にはヨーロッパ全体で有名になりました。18世紀にガラスの専門家はチェコで色の研究をして、新しいユニークな色を作り出しました。例えば光っている黄緑色のウランガラスです。カットの専門家も新しい道具、材料を発見したともに芸術的にも価値の高いものを作ることが出来ました。当時はガラスの工場を修道院や貴族が持っていましたので、ガラスの専門家は芸術的な物をたくさん作ることができました。
古い時代のガラス製品もあちこちに残っています。古い教会には時々14世紀のステンドクラスが見られるし、古城や博物館では昔描いたガラス、カット・ガラスなどを見学することが出来ます。
チェコのガラスは世界的に有名になり、現在でも貴族、お金持ち、専門家のなかにはチェコのガラスの名物を使ったり、飾り物にしたり、収集している人も多いです。大正時代から大相撲の優勝者に国技館で9月の22日にチェコのカット・ガラスの花瓶を贈られるので、日本でもチェコのガラスは有名ですし、日本のガラス工芸にも大きな影響を与えました。
クリスタル・ガラスには色々な種類があり、材料、芸術、スタイル、工房で種類がそれぞれ違っています。大きいガラスの専門店ではいろいろな種類をおいてあるのでそれぞれを楽しむことが出来ます。



チェコのガーネット(Český granát)


ガーネットは小さい赤色の宝石です。チェコのガーネットの名前ピロップ(Pyrop)はギリシア語から出た言葉です。ギリシア語のピロポス(Pypopos)は炎という意味があるのでピカピカの赤色のガーネットの名前になりました。チェコのガーネットは世界でもユニークな赤ワインのような色をしていて、とても人気があります。一月の誕生石です。昔はガーネットがとれる地方で住んでいた人はガーネットを粉にして薬として飲みました。昔から貴重な飾り物としても使えますので、チェコの手作りの伝統的なガーネット・アクセサリーはユニークなものになっており、昔がら人気があります。
観光地でチェコのガーネットとしてロシア産の安くて取ったアルマジーンという茶色い石を売っていますが、こういう偽物を買わないように気を付けて下さい。



リンク
海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 プラハの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告