町村の入門 チェコ共和国の情報

サーチ

カゴと支払う


合計 0,- コルナ
(日本円
0,-
   

関係リンク


プラハの時間



My skype status: My status



町村の入門



   現在チェコ共和国であるこの場所では、様々な民族によって生活が営まれていました。昔のチェコの農村体系は、基本的に商業中心の村と手工業中心の村というように分かれていました。チェコの位置する場所は、地理的にもヨーロッパの中心であったため、力のある村や要塞などあったことも記録に残っています。例えば、一世紀にはケルト人によって作られたと見られるザーヴィスト(Závist)要塞と村は、中央ヨーロッパで最大規模のもので、その城壁の長さは9kmにも及びました。
   スラブ系のチェコ人が居住していた村も、他の民族と同じように農村、手工業中心の村、商売中心の村というように分かれて発展していきました。13世紀以降は、王や貴族によって町が作られ、町民は王や貴族に税金を納める見返りに、法律によって商売や町を保護されていました
   中世時代には、戦争が盛んに起こったため、城下町やその他の町は、城壁や要塞によって外界から隔てられました。チェコでは、現在でもその名残がよく見かけられます。16世紀から17世紀にかけてのルネサンス時代には、力をつけた貴族や市民によって建てられた豪華な建築が目立つようになりました。また、バロック時代に建てられた豪華絢爛な劇場、コンサートホール、教会などは、今日においても使用されています。

   建築における最も最近の歴史上の出来事は、19世紀から20世紀初頭にかけて起こりました。貧しい地方の建物を取り壊し、当時の新しい建築様式であるアール・ヌーヴォーによって建物が建てられました。例えば、プラハのユダヤ人地区でも、このような建て替えが進みました。
   第二次世界大戦後の共産主義時代には、チェコ全国で歴史的な建物が破壊され、都市計画もないままコンクリート住宅が各地に建てられ始めました。しかし、幸いなことに政府は金銭面で行き詰まったため、大部分のチェコの町並や建物は、破壊されずに以前のまま保存されました。 続いてここからは、写真と記述によってチェコの町や村の様子をお楽しみ下さい。分かりやすいように、地方別に『中央ボヘミア地方』、 『南ボヘミア地方』、『西ボヘミア地方』、『北ボヘミア地方』、『東ボヘミア地方』『南モラビア地方』と『北モラビア地方』の七つに分けて検索することが出来ます。説明の他にも、写真でお城の外観をご紹介していますので、是非お楽しみ下さい。







リンク
海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 プラハの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告