ゼレナー・ホラ(Zelená Hora)教会 チェコ共和国の情報

サーチ

カゴと支払う


合計 0,- コルナ
(日本円
0,-
   

関係リンク


プラハの時間



My skype status: My status



ゼレナー・ホラ(Zelená Hora)教会



ゼレナー・ホラ(Zelená Hora)教会の概要、歴史などの情報

   プラハからおよそ120kmのところにある西モラビア地方には、13世紀に創立された修道院があります。修道院の近くにある聖母マリア教会は、18世紀に有名な天才建築家であるヤン・ブラジェイ・サンティーニ・アイチェル(Jan Blažej Santini Aichel)によって、ゴシック様式の要素が残るバロック様式にて建てられました。教会の造営は、1719年から1722年までかかりました。この教会は、ヤン・ネポムツキーのために建てられた初の教会となりました。教会の外観は五角形の星形をしています。そしてその教会は、十角形の星形をなす回廊によって取り囲まれています。この回廊は、1769年に造られました。教会内では、様々なキリスト教の象徴を見ることができます。ヤン・ネポムツキーが、カレル橋から川に落とされた時に、頭の周りに五つの星が現れたという逸話から、教会は、五角形の星形で建てられました。周囲の回廊には、五つの入り口が設けられ、教会内には五つの祭壇が飾られています。また、教会の窓には、三つの象徴が用いられているのが伺えます。まず、丸みがかった三角形の窓は、キリスト教の三位一体を表象しています。そして、細長い先頭アーチの窓は聖人の舌を表し、祭儀の窓は司教帽を表しています。バロック様式の要素を残したゴシック様式を持つこの独特な教会は、1994年に、世界文化遺産に登録されました。



ゼレナー・ホラの宿泊

Booking.com

バス、専用車の乗車券のチケットの手配

 
運転代行の見積もり予約



リンク
海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 プラハの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告