チェコ共和国の情報

ナヴィゲーション

サーチ

カゴと支払う


合計 0,- コルナ
(日本円
0,-
   

関係リンク


プラハの時間



My skype status: My status





1936 -

   1936年4月28日、プラハ生まれ。チェコでもっとも人気のある俳優で、世界でも“チェコの俳優”といえば間違いなく彼。脚本家、作家、舞台作家、俳優。
   カレル大学教育学部でチェコ語と文学を専攻、修了。しばらく教鞭を執り、また1962年からはラジオ局で働いた。1966年にはヤーラ・チムルマン劇場を設立した。ヤーラ・チムルマン(Jára Cimrman)というのはズデニェクの生み出した架空の人物で、ラジオ番組内で出演させたキャラクター。最初はチェコ人、文化、歴史に対する風刺的存在であったが、あっという間に大人気になり、一躍チェコのヒーローにまでなった。その勢いでズデニェクは、彼の映画も作った(1983年「Jára Cimrman ležící, spící」)。チムルマンは2005年に「最も偉大なチェコ人」にも選ばれるほど人気のあるキャラクターである(残念ながら架空の人物のため審査からは除外)。ちなみに彼の胸像や彼の名前にちなんだ通りまでもある(ブルノ市やオロモウツ市)。
   息子は映画監督のヤン・スヴェラーク(Svěrák Jan)で、タッグを組んで2作目の「コーリャ 愛のプラハ」(1996年)でアカデミー賞最優秀外国語映画賞を受賞した。90年代以降は親子での合作がほとんど。自分で脚本を書いた作品(単独・共同含む)には大概出演している。最新作「Vratné Lahve(直訳:リサイクルビン)」の脚本が原因で親子喧嘩になってしまい、一時絶縁状態だったがズデニェクが脚本を5回書き直し無事和解、映画完成に至った(この喧嘩について2004年に息子ヤンが「Tatínek(直訳:お父さん)」と題したドキュメンタリーを撮った)。ショーン・コネリーをちょっと田舎臭くした感じの顔。1961年から1969年までチェコスロヴァキア共産党の党員であったことを雑誌で告白した。
近年の代表作品
スイート・スイート・ヴィレッジ(1985年、脚本ズデニェク・スヴェラーク)
コーリャ 愛のプラハ(1996年、脚本ズデニェク・スヴェラーク、監督ヤン・スヴェラーク)
ダーク・ブルー(2001年、脚本ズデニェク・スヴェラーク、監督ヤン・スヴェラーク)
Vratné Lahve(2007年、脚本ズデニェク・スヴェラーク、監督ヤン・スヴェラーク)



リンク
海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 プラハの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告