ラダ・ヨセフ(Lada Josef) チェコ共和国の情報

ナヴィゲーション

サーチ

カゴと支払う


合計 0,- コルナ
(日本円
0,-
   

関係リンク


プラハの時間



My skype status: My status



ラダ・ヨセフ(Lada Josef)



1887-1957

    ラダ・ヨセフはチェコの最も有名な国民的なイラストレーターとなりました。子供向けの絵、絵本、雑誌、ポスターなどを書きました。
   やラダ・ヨセフはプラハから30キロメートル離れたフルシツェ(Hrusice)と言う村で生まれました。子供のごろにげがして、一つの目に見えなくなりました。フルシツェ村の学校を卒業あとプラハで1902年に製本業者および金箔師の弟子入りになりました。1906年に短期期間で美術工芸学校で絵画を学びました。同じ年にもチェコの有名な作家ハシェック・ヤロスラフ (Jaroslav Hašek) と知り合いになて、ラダはハシェックの名作「善良な兵士シュベイク」をイラストしました。
   1911年に最初の子供向けの歌の本Moje abeceda「わたしのABC初体験」をイラストしました。1923年にブデイツカー・ハナ (Hana Budějická) と結婚しました。1925年に娘アレナ (Alena Ladová) は生まれました。アレナはお父さんと同じようにイラストレーターや画家になりました。

   19世紀の20、30年代にイラストと画家として働きました。第二次世界大戦の間にラダはナチスで禁止された後、ラダがプライベートの収集車のために絵を描きました。戦後の時代にイラストレーターや画家として続けました。
   1947年に国民芸術家になりました。50年代や60年代にイラスト以外に劇場舞台や映画舞台のデザイナをして、子供の本も書きました。1957年にプラハで亡くなりました。
   ラダ・ヨセフは1904年から1957年の間に約15000点の白黒およびカラー画を描き、406点の絵画を描きました。カレンダー、ポスター、などのイラストも手がけました。13冊の本の著者でもあります。「わたしのABC初体験」「ねこのミケシ」などの本も日本語で出版しました。



ラダの本



リンク
海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 プラハの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告