スメタナ・ベドゥジッフ(Smetana Bedřich) チェコ共和国の情報

ナヴィゲーション

サーチ

カゴと支払う


合計 0,- コルナ
(日本円
0,-
   


プラハの時間



My skype status: My status



スメタナ・ベドゥジッフ(Smetana Bedřich)



1824-1884

   スメタナは1824年2月3日にLitomyšl (リトミシュル)と言う町で醸造家の息子として生まれました。子供時代からピアノとヴァイオリンを学びました。
   1848年にプラハで音楽学校を創立し、音楽を教えて研究しました。当時は国民解放運動が起こりました。スメタナも運動の関係で参加しましました。政府の圧迫が強まった、そのためでスメタナは1856年から1861年までスウェーデンのエーテボリに行きました。そこで指揮者と音楽の先生として働きました。

   帰国すると音楽でチェコ民族復興運動をサポートしました。例えばその影響でリブシェ、売られた花嫁、ダリボルを書きました。
   1874年に「わが祖国」を作くることが始まりました。この作品で6楽章がありそれぞれモチーフは違います。 第一章はヴィシェフラドです。モチーフはプラハであるヴィシェフラド(Vyšehrad)古城とその神話です。
   第二章はブルタヴァ『ドイツ語ではモルダウとも呼ばれています』です。この曲はわが祖国の最も有名な曲になりました。チェコの一番長い川とその川の美しい景色をモチーフにしました。日本では1990年代からCDの曲目表示はモルダウから ブルタヴァ に変更されつつ、現在約70% ブルタヴァ になっています。 
   第三章はシャールカです。シャールカのモチーフは第一章のヴィシェフラドと同じようにチェコの神話から成り立ちました。
   第四章は「チェコの野原と林より」です。ブルタヴァと同じようにチェコの景色はモチーフになりました。
   第五章ターボルです。モチーフはチェコの歴史から出ました。15世紀の宗教戦争の時にチェコ民族軍隊はターボル山で基地を作って、民族の平等を宣言しました。
   第六章はブラニークです。ブラニークは山の名前です。一つの神話によってチェコで大変になるとこの山に寝ている軍隊が起きてチェコ民族を助けます。
スメタナのこの「我が祖国」はチェコの自然、歴史、そして人情を 音楽で伝えてくれます。日本からチェコに旅行した人は、そのチェコを再体験し、これから行かれる方は、一足先に 音楽でチェコを案内してくれることでしょう。できたら 全曲 6章 通して聴いてください。

スメタナの主な作品:我が祖国、リブシェ、売られた花嫁、ダリボル、鬼の壁などです。

六月二十日から三十日にかけて、リトミシュルで「スメタナのリトミシュル」と言う音楽祭が行われます。

プラハでスメタナの博物館があり、お墓はウィシェフラドにあります。プラハの「市民会館」には有名なスメタナ・ホールもありそこでチェコ・フィルなどのフィルハーモニーのコンサートが行われます。
希望者はスメタナの思い出ツアーとかコンサートの切符を予約することが可能です。



チェコにあるのスメタナの関係所




コンサートの予約
ウィキペディア



リンク
海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 プラハの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告