気候 チェコ共和国の情報

ナヴィゲーション

サーチ

カゴと支払う


合計 0,- コルナ
(日本円
0,-
   

関係リンク


プラハの時間



My skype status: My status



気候



   地理的にチェコ共和国は北海道より少し北の方に位置します。しかしチェコの気候は北海道よりも気温が高いです。どうしてかと言うと、ヨーロッパの大陸では北大西洋海流の影響があります。メキシコ湾から来る北大西洋海流がヨーロッパ一帯の気候に影響をあたえて暖めるからです。チェコの気候は日本と同じように温帯の気候です。日本と同じように四季があります。
   春は3月ごろに始まります。サマータイムも始まります。山に積っていた雪が溶けてだんだん花が咲き始めます。朝夕の気温の差は激しいです。梅雨とか台風はチェコにはありません。

  夏は日本と違って蒸し暑くならないです。チェコは内陸の国なので温度は日本より低いです。蝉もあんまり来ないので夏は煩くならないです。しかし気温は時々35度を超えます。9月からだんだん涼しくなります。10月の終わりにも少し雪が降ります。昔はプラハにも雪が12月に雪が積もりましたが、最近は温暖化が進んだためにあんまり積もらないです。一番寒い月は一月です。時々マイナス20度にもなります。とても寒いように思えますがチェコをはじめヨーロッパの建物の中はいつも20度ぐらいあるのでそんな大変に感じません。冬の夜はとても長いです。5時ごろ暗くなり、朝は7時ごろ太陽が出て来ます。逆に夏の9時ごろはまだ明るいです。



天気のこと、予報など:天気のページにご覧ください。



リンク
海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 プラハの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告