料理 チェコ共和国の情報

ナヴィゲーション

サーチ

カゴと支払う


合計 0,- コルナ
(日本円
0,-
   

関係リンク


プラハの時間



My skype status: My status



料理



   チェコは内陸国であるため、チェコの食文化は、日本の食文化とはかなり様相が違います。また極めて肉料理が多い国であるともいえるでしょう。では、チェコ人の一般的な食生活をご紹介しましょう。副食にはチェコの蒸しパン、ジャガイモ、お米などを用い、主食には豚肉、牛肉、魚などの素材が用いられ、それらに様々な種類のソースをかけて食べます。もてなし方も日本とは異なり、一枚の大皿に全ての料理が盛られています。
   チェコの最も有名な伝統料理は、ヴェプショ・クネドロ・ゼロ(Vepřo-knedlo-zelo)という料理です。ヴェプショ(豚の焼肉)、クネドロ(蒸パン)、ゼロ(調理を加えたサワーキャベツ)が一枚の大皿に盛られています。

   蒸しパン(チェコ語:クネドリーキ(knedlíky))はチェコの典型的な食べ物です。サイドディッシュとしてよく用いられ、様々な種類があります。クネドリーキの材料は、小麦粉・酵母・水で、そこへ細いロールパンのようなパン、又はじゃが芋などを加えて調理することによって味に違いが出てきます。
   また、最も有名な季節の料理といえばクリスマスに食べる鯉料理です。12月24日の夕食には、ほとんどの家庭の食卓に、鯉を使った料理が並びます。中でも典型的なのは、とんかつと同じ要領で作ることができる鯉のフライです。
   その他の風物詩として、イースター(復活祭)の期間の卵料理が挙げられます。この期間に卵料理が頻繁に食卓に登場するのは、卵には、「復活・再生」の意味があり、また春の象徴でもあるからです。
   ここでご紹介した以外のチェコ料理は、写真ギャラリーでご紹介していますので、どうぞご覧になって下さい。食べ物の他にも忘れてはならないのが、飲み物。そう、チェコは世界屈指のビール大国であり、世界で最も美味しいビールを、安い値段で味わうことができます。多数のビール工場から、様々な種類のビールが出荷されています。最も有名なビールは、チェスケー・ブデヨビツェのバドワイザー(Budwaiser)と、プルゼニュのピルスナー(Pilsnerurquel)と呼ばれているビールです。これらのビールの名前は、チェコの町のドイツ語名から来ています。



リンク
海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 プラハの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告