映画 チェコ共和国の情報

ナヴィゲーション

サーチ

カゴと支払う


合計 0,- コルナ
(日本円
0,-
   

関係リンク


プラハの時間



My skype status: My status



映画



   1896年に映画祭で有名な町といえば皆さんも良くご存知のカルロヴィ・ヴァリです。この町で、初めてチェコの映画が上演されたため、1946年から毎年映画祭が行われるようになりました。第一次世界大戦終了後、チェコの映画制作が盛んになり、1921年にはプラハで最大規模のものとなる映画スタジオが建設されました。このスタジオでは、1930年から1945年までの間に、総計150本の映画が制作されました。この当時に、アニメ映画の制作も始まりました。
   1946年にはFAMU(プラハ舞台芸術アカデミー~映画・映像大学)がプラハに創設されました。この大学は、世界で四番目に歴史ある映画制作を学ぶことができる大学となりました。第二次世界大戦後は、イジー・トゥルンカ(Trnka J.)、ゼマン(Zeman K.)、シュヴァンクマイェル(Švankmajer J.)といった監督のアニメ映画が、世界的に有名になりました。

   例えば、日本でもペチシュカ(Petiška)の作品であるアニメの「もぐらくん」シリーズは、とても人気があります。共産主義主義時代には、検閲によって、映画も厳しく規制されていました。映画監督たちは趣向をこらして、検閲に引っかからないように、おとぎ話やコメディー映画を頻繁に制作しました。
   共産主義体制が崩壊した後、表現の自由が再び取り戻されました。現在活躍中の映画監督の中では、スヴェラーク(Svěrák Jan)、フジェベイク(Hřebejk J.)、レンチ(Renč Filip)による映画が人気を博しています。オスカー賞にノミネーションされるチェコの映画の数も、そう少なくはありません。スヴェラーク監督による映画「コリャ」は1996年にオスカー賞を受賞しました。そして昨年は、スヴェラーク監督による「ダーク・ブルー」という映画が一世を風靡しました。
    チェコの映画制作に携わっている技術者のレベルは世界の中でも屈指のもので、さらに美しい町並みや中世時代の遺産、広大な自然を抱えるという豊かな立地条件も加え、海外からも、映画監督や俳優が映画の撮影のためにチェコを訪れます。例えば、「アマデウス(Amadeus)」「ミッション・インポシブルⅠ(Mission Impossible I)」といった作品も、チェコで撮影されました。



リンク
海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 プラハの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告