劇場 チェコ共和国の情報

ナヴィゲーション

サーチ

カゴと支払う


合計 0,- コルナ
(日本円
0,-
   

関係リンク


プラハの時間



My skype status: My status



劇場



   キリスト教がボヘミア地方に広まると共に、中央ヨーロッパ劇場の形態にもキリスト教は影響を与えました。12世紀頃からは、各地で演劇が盛んになりました。また貴族の宮殿やお城、町の広場といった様々な場所で公演が行われました。16世紀から17世紀にかけてのルネサンス及びバロック時代には、宮殿やお城の内部に特別な広間や劇場を建設するようになりました。その例として、有名なチェスキー・クルムロフ城のバロック式の劇場が挙げられます。チェコの劇は、時代の変遷と共に外国の劇団から影響を受けてきました。例えば、マリオネットを使ったん人形劇が各地で催されるようになり、その後19から20世紀にかけて、マリオネット劇が大流行しました。
1783年に、プラハにエステート劇場が建設されました。この劇場では、モーツァルトによってこの劇場のために書かれたドン・ジョウァンニの初演が行われました。
   19世紀に興った民族復興運動の影響は、この分野でも見られます。当時のチェコの劇場では、一般的にドイツ語での公演は行われていましたが、プラハにでさえ、チェコ語で公演を行っている劇場はありませんでした。そこで、1868年チェコ国民の寄付によって集められた資金で、国民劇場が建設され、チェコ人の民族意識が高められました。
1930年代は、劇場の意味が社会の中においても重要さを増してきました。第二次世界大戦中は、公演は禁止されていました。戦後には再開されたものの、共産主義という壁が立ちはだかりました。プラハの春事件には、共産主義体制に反対する内容の作品が人気を集めました。例えば、1990年から2003年まで大統領を務めたヴァーツラフ・ハヴェル(Havel)氏の作品が頻繁に上演されていました。
   さて、現在の劇場状況はというと、その数も大幅に増え、チェコ人だけではなく、外国からの
の観光客も楽しめるように、演劇・歌劇・マリオネットを使った人形劇といったあらゆる分野での公演が行われています。

ANONEのホームページ上では、様々な劇場で行われている劇の入場券を購入することができます。


プラハの主な劇場やコンサート・ホール



コンサートの予約



リンク
海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 プラハの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告