チェコ語 チェコ共和国の情報

ナヴィゲーション

サーチ

カゴと支払う


合計 0,- コルナ
(日本円
0,-
   

関係リンク


プラハの時間



My skype status: My status



チェコ語



   ヨーロッパの中で三つの基本的な言葉のグループがあり、ドイツ語系、ラテン語系とスラブ語系の三つです。例えばドイツ語系はドイツ語と英語を、ラテン語系はイタリア語とスペイン語を作り出しました。スラブ語系の言葉はさらに三つのグループに分けられ、東、西と南では、それぞれ違います。チェコ語は西のスラブ語系の一つです。あとはスロバキア語とポーランド語が同じグループに所属します。
   文法的にはチェコ語はとても難しいと思われます。名詞、形容詞と代名詞は男性、女性と中性があって、それは7通りに変化します。動詞も6通りに変化します。 発音もとても難しいです。アルファベットの上に特別なマークを使ってそれぞれ発音が違います。
   17世紀と18世紀にはチェコでもオフィスと身分の高い人はドイツ語を使いました。その影響で今でもチェコ語の中にドイツ語がそのまま残っている言葉もあります。
   チェコは小さい国ですが中世の時代にプラハはヨーロッパの中心になっていたのでチェコ語から世界的な言葉も出ました。例えばドルとかピストルです。ドルはクトナー・ホラ(Kutná Hora)町で作った銀のコインの名前から出ました。ピストルはチェコ語のピーシュタラ(píšťala)(笛の意味)が造り出しました。 1930年代のチェコの作家チャペック・カレル(Čapek Karel)はロボット言葉を造りました。今はこんなような言葉は全世界でどこでも聞くことが出来ます。
   チェコ語の中で発音的に日本語と同じような言葉があります。例えば「うし」という言葉はチェコ語で「耳」の意味があります。面白い言葉は婆です。日本語の意味とチェコ語の意味はまったく同じです。

 挨拶と日常会話
今日は Dobrý den ドブリー・デン(丼デーン)
おはよう Dobré ráno
今晩は Dobrý večer ドブリー・ヴェチェル
おやすみなさい Dobrou noc ドブロウ・ノツ
さようなら Nashledanou ナスフレダノウ
ありがとう Děkuji ジェクイ
どういたしまして Není zač ネニー・ザチュ
ごめんなさい Promiňte プロミニュテ
はい Ano アノ
いいえ Ne
あのね ANONE サービス一番
よかった To je dobře ト・ウェ・ドブルジェ
お元気ですか Jak se máte? ヤク・セ・マーテ
元気です Dobře ドブルジェ
わかりましたか Rozumíte? ロズミーテ
はい、わかりました Ano、Rozumím アノ、ロズミーム


│ 通訳や翻訳のサービス │



リンク
海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 プラハの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告